普段着に着物を取り入れる方法やコツ

普段着に着物を着ることは難しくない

着付けに必要な物をそろえておく

着付けに必要不可欠なもの

着物がリーズナブルで、洗濯も簡単になったとはいえ、着付けだけは洋服のようには簡単にはいきません。
着付けする際にも、必要となる下着や道具が必要になります。
必要不可欠なものとしては、襦袢と言われる下着のようなものと、靴下替わりの足袋、帯を止めるための帯揚げや帯締めです。
足袋は、靴下とブーツなどでコーディネートする場合は必要ありませんが、草履や下駄を履く際には必須になります。
また、襦袢には「半襟」という、着物の襟から見える部分に縫いつける布があります。
半襟は、首に直接あたる襟が汚れやすいため、付け替えて洗える様に工夫されたものですが、着物から見えるものなので、昨今は特に、柄が入っているものや、レース仕立ての物など、コーディネートの際のワンポイントとしても楽しめる物になっています。
また、半襟と襦袢との間に通す襟芯も、かっちりと着物の衿を決めるためには必須になります。

あると便利な着付けグッズ

着物の着付けの時、襦袢や着物をしっかりと固定するためには、モスリン紐が便利です。
着物を傷めないためにシルクの紐を愛用する方も多いですが、滑りやすいため、慣れない方には不向きかもしれません。
着物を着るときには襦袢でモスリン紐1本、着物を腰で止めるためにもう1本、お太鼓を締める場合は、帯締めをする前に仮止めの役割にもう1本、計3本あると便利です。
また、着物のおはしょりを決めたら、帯を締める前に、しっかり胸元を決めるうえで「伊達締め」という幅の広い紐を締めます。
そして、帯を締める際、お太鼓に締める場合は、帯枕という、ソファーのひじ掛けのような道具があるときれいに仕上がります。
背中に山の部分を当て、お太鼓の山の部分のふくらみを保つ役目をします。
付けるときには、帯揚げという薄い布地のもので包む形になります。
半幅帯で締める場合には使いません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る