普段着に着物を取り入れる方法やコツ

普段着に着物を着ることは難しくない

最初から難しい着付けをしなくてOK

帯の締め方は仕組みは簡単

着物の帯は1本の布を巻きつけ、止める、という仕組みになっています。
正装の時に締める帯は、一人では難しいものはありますが、普段に締めるお太鼓などは、締め方の仕組みは簡単です。
でも、一人で、しかも後ろに手を回して締めるのは、慣れていればそんなに難しくはないのですが、初めての方にはかなり難関ではあります。
最初から無理をせず、浴衣のように前側で仕上げて、後ろに回す、半幅帯で締めてみてはいかかでしょうか。
半幅の帯は基本的に帯揚げや帯締めは使いませんが、アクセサリー代わりに、締める方もいらっしゃいます。
締め方も「貝の口」、「矢の字」、「蝶結び」など、バリエーションも多くあります。
お太鼓で使う名古屋帯より生地も柔らかく、結びやすいので、半幅帯で帯の締め方や着物の着付けに慣れておくと、お太鼓を締めるときにも役立ちます。

着物の着付けはきっちりと

着物は襟がだらしないと、見た目全体がだらしなく見えてしまいます。
着物を着付けるときは、締めるところをしっかり締めて、形よく整っているとカッコイイです。
そのためには、襦袢をきっちりと、着崩れしないように着付けることが大切です。
襟をしっかりと抜き(首の後ろ側の部分に拳1個分くらい隙をあけること)、アンダーバストくらいの位置でモスリン紐でしっかりと縛ります。
着物は、身体に凹凸がない方が良いので、バストとウエストに高さの差がある今時の体形の方は、バスタオルを胸の下に撒く等の補正を行った方がしっかり着れます。
襦袢が着れたら、着物に袖を通し、裾の位置を決め、腰の位置で2本目のモスリン紐でしっかり縛ります、
この紐が緩まないようにしておかないと、着崩れてしまうのできっちり締めます。
襟元をしっかりと決め、おはしょりを整えて伊達締めを締めます。
そして、いよいよ帯を締めます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る